Home / 女性向け / 実例から学ぶ!メールが続く人と続かない人

実例から学ぶ!メールが続く人と続かない人

 

有り難いことにたくさんの女性からアプローチメールをいただいていますが、「メッセージを続け連絡先を交換したくなる人と、返事をする気にもなれない人」がいます。今回は”28歳・OL・ルックス普通・隣の県に在住”とスペックが似た2人のメッセージのやり取りを例に、メールのポイントを学んでいきましょう。

 

2人のOLのメッセージ

 

女性から「いいね」と「ファーストメール」を僕に下さった方の中から、タイプの似た2人の女性とのやり取りをお見せします。

 

ケース1:まずはメッセージ途中で僕が返信をしたくなくなってしまったケースです。

オミアイメセージ

オミアイメールのやり取り

ここで僕は返事を返す気にはなれず、 やり取りは終了しました。

 

 

ケース2:次に連絡先の交換までいったケースです。

オミアイメールのやり取り

オミアイメールのやり取り

この後もメッセージは盛り上がり、連絡先を交換することになりました。

 

さて、前者と後者の違いが分かるでしょうか?

 

 

メールのやり取りを続ける基本テクニック

 

メールのテクニックというよりは、コミュニケーションの基本です。

前者の女性とはメールが楽しくないんです。恐らく会って話したところで同じでしょう。一方で、後者の方とはやり取りをする度にどんどん仲良くなれます。この2人の違いはなんでしょうか?詳しく解説していきますね。

 

ケース1の女性をダメ出し(笑)

 

  • 「すまれてるんですか?」

→漢字も日本語もぎこちなく、学生と話しているみたいです^^; はい、彼女は28歳です。

 

  • 「◯◯(女性の住んでいるエリア)にはこられないんですか?」

→彼女からアプローチしてきたのに、なぜ最初から僕が会いに行く設定なんでしょうか?(僕のほうが田舎なので、もちろん会うことになれば女性に合わせますが、それは仲良くなってからの話ですね。)

 

  • 回答をスルー

「◯◯にはこられないんですか?」と質問されたので、「◯◯は結構行きますよ!今日は◯◯でランチです(笑)」と、女性の行動エリアに行くことをアピールしましたが、これには触れず次の会話へ(笑)聞いておいて無視とは一体・・・。苦笑

 

相手のことを無視した一方的なコミュニケーションに、返信する期力さえなくなります。あなたも心当たりはありませんか?

 

ケース2の女性はコミュニケーション上手

 

後者の女性と前者の女性との違い。こうして見比べてみれば一目瞭然ですが、後者の女性は

  • 丁寧な日本語
  • 同調や共感がある
  • 相手への配慮がある

と、基本のコミュニケーションができています。僕の回答もきちんと受け止めてくれていますし、「わたしも◯◯付近(僕の活動エリア)にはよく行きますよ!」と僕に合わせる気遣いができていることから、とても好印象です。

 

こういった女性とは実際に会ってコミュニケーションしても楽しいですね!メールのやり取りを盛り上げるコツは、ケース2の女性のように「丁寧な日本語で、相手のことを思いやり、また相手に興味を持つこと」です。お互いに同じような気持ちになれば、コミュニケーションに一体感が生まれ、自然に二人の距離も縮まりますよ!

 


管理人が一番お勧めするPairs (ペアーズ)500万会員突破!


ペアーズ


男性も初月無料!with(ウィズ)DaiGo監修で人気急上昇♪

関連記事