Home / ペアーズ / ペアーズの”ブロック”と”非表示”機能の使い方
ペアーズブロック機能

ペアーズの”ブロック”と”非表示”機能の使い方

 

ペアーズでやり取りをしていると、時には不快なコミュニケーションをしてくる輩もいるかもしれません。そんな時は、ペアーズの非表示とブロック機能を使って対処しましょう!

 

ペアーズのブロック機能の意味と使い方

 

不快な思いをさせる人や、コンタクトをとりたくない人、さらに知られたくない知人・上司を発見した場合にはブロック機能を利用しましょう。ブロックをすると、お互いの情報の全てが表示されなくなります(メール送受信履歴含む)。

 

☆ブロックの設定と解除方法☆

PCの場合、ブロックしたい相手のプロフィール画面かメール画面にいき、「ブロック」を押します。

スマホの場合、ブロックしたい相手のプロフィール画面右上のメニューから「ブロック」を選択。

ブロック機能の解除は、メニュー→各種設定→その他→非表示・ブロックの項目から。

 

マッチング相手が退会orブロックしたのかを見分ける方法

 

マッチングしたお相手がメールの一覧画面に表示されなくなったとき、お相手がペアーズを「退会した」か、あなたを「ブロックした」かどちらかになります。

もし「ペアーズを退会」したのなら、メールボックスの「退会者を表示する」を選択すると、退会者が表示され、お相手のニックネームや年齢から推測ができます。もし、そこに表示されなかったら、「ブロック」されたことになります。

 

ペアーズの非表示機能の意味と使い方

 

ブロック機能はお互いに一切の情報が見れなくなるのに対して、非表示機能は自分だけ相手の情報を表示させないようにする機能です。相手にはあなたのことが表示されている状態です。

非表示機能を使うシーンとしては、「毎回ログインしている興味のない人」や「恋愛対象外の人」を非表示にすることで、それ以降は検索画面に表示されないので、とても見やすくなります。

非表示設定や解除方法はブロック機能と同じです。

 

まとめ

 

そんなに使うシーンはないと思いますが、やり取りするなかで「しつこい人」や「不快な人」はどうしても現れてしまうもの。そんなときは爽やかに「ブロック」を押しましょう。

万が一、明らかに出会い目的でない商用目的の人や肉体目的の人とマッチングしてしまった場合は、運営元へ通報をしましょう。それでは、ペアーズで引き続き、気持ち良く出会いを楽しみましょうね!

 


初めての恋活アプリなら間違いなくPairs (ペアーズ)200万会員突破!


ペアーズ

関連記事